最初から最後まで

我が家には一匹の犬がいます。ペットショップで出会ったばかりのときは、まだほんの小さな仔犬でした。
それが、今ではもう立派な成犬に。人の年齢に換算すると、自分よりももうお年寄りになってしまうと聞いたときは、なんだか不思議な気持ちがします。同じだけの時間を一緒に過ごしていても、時間の感じ方、流れ方は人と犬とで違うようです。
やがてはこの仔も、私より先に亡くなってしまうのだと思うと、胸が詰まる思いがします。

ペットショップで出会ったペットとも、いつかはお別れのときがきます。
ペットとは、家族として共に生活していました。だから最後のときも、家族として見送るつもりです。

ペットとの出会いの場がペットショップであるならば、ペットとの最後の別れの場所は、ペット葬儀ということになるでしょう。
人と同じようにペットのための葬儀を行う。もちろん、ペット火葬もして、遺骨はきちんと霊園に埋葬するつもりです。
ペットのための火葬、ペット火葬というのはあまり耳馴染みがないかも知れません。でも、近年ペット火葬を始め、ペットのための葬儀、ペットのための霊園といった設備は整ってきています。

ペットを家族として見るのであれば、最後のときまできちんと一緒にいたい。亡くなった後も、身近にいて見守ってくれているのだと思っていたい。
だから、ペット火葬、ペット葬儀はきちんとしなければならない。そう思います。

ペットショップから、ペット葬儀、ペット火葬まで。
最初から最後までずっと一緒にいたいと、心からそう願っています。

オススメリンク

ペット火葬で別れを告げる「愛する家族を供養してあげよう」
ペット火葬、葬儀、供養は、大阪の|株式会社霊園・墓石のヤシロ
ペット葬儀の事を知っておきましょう【大切なペットが亡くなったら】

カレンダー

2014年10月
     
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

  • カテゴリーなし